ウォーターサーバーで健康になれる?

ウォーターサーバーライフ!その健康の秘訣

ウォーターサーバーを使うメリット

「水」と一言で言っても、たくさんの種類があります。
ダムの水や井戸水などを飲用精製(ろ過、殺菌、消毒)された水道水をはじめ、ミネラル分を含んだミネラルウォーター、炭酸ガスを含んだ炭酸水、水深200メートルより深いところにある海洋深層水といったものはよく耳にすると思います。
この他にも、アルカリイオン水や、蒸留して不純物を除去した精製水、さらに超微細孔のフィルターを通したRO水というものもあります。
さらに、日本のミネラルウォーターは、農林水産省によって4種類(ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、ボトルドウォーター)に分類されています。
また、硬度による分類もあります。
硬度はカルシウムとマグネシウムの含有量に基づき、この含有量が高いと硬水となり、低いと軟水となります。
日本は軟水です。
では、ウォーターサーバーではどのような水が提供されているのでしょうか?
一般的に、天然水やRO水と呼ばれるタイプの水が利用されています。
ウォーターサーバーを利用するメリットは、一般家庭に供給される水道水ではない水を利用できることです。
これらは業者から定期的に送られるサービスを利用しています。
そして設置するサーバーには、冷水機能と温水機能を備えているものが多く、冷たい水をそのまま飲用できるだけでなく、コーヒーやお茶などにも温水をそのまま利用できますので、沸かす手間の省略ができます。

TO_TOP