ウォーターサーバーで健康になれる?

ウォーターサーバーライフ!その健康の秘訣

>

ウォーターサーバーのデメリット

毎月の費用

費用負担する内容はメーカーによって異なりますが、機器レンタル料やメンテナンス料が、水の代金とは別途必要になることがあります。
さらに、解約に関する契約上のルールが設けられていることが多く、契約期間よりも前に解約をするとペナルティーとして違約金や解約金の名目で別途費用請求されることがあります。
また毎月の電気代も当然かかります。
ウォーターサーバーのメリットを理解しつつ、これらの費用も含めたコストパフォーマンスの在り方が、デメリットになることもあります。
そのため、各メーカーの契約内容を十分に比較してください。
ご家庭によっては、維持が大変な料金体系のメーカーのものもあるかもしれません。
特に料金体系は入念に確認しておくことが大切です。

機器の設置場所や交換

ウォーターサーバーの設置には、当然ですがそれを設置できるスペースが必要です。
冷水、温水機能を保つために、電源が近くにある場所の確保が必要です。
各メーカーから様々な機種が販売されており、サイズも多種多様ですので、それぞれのご家庭にあうものがきっと見つかるとは思いますが、そもそもこの機器が日本の一般家庭では、まだまだ普及段階にあります。
ウォーターサーバーに使用するボトルタンクは、容量に応じて重さが変わります。
一人用の小容量であれば交換も比較的簡単にできますが、家族単位になれば、それなりに容量が大きいタイプを使用することになります。
その意味では、大きなボトルの交換は利用者間での共同作業という手間を増やすことにもなります。


この記事をシェアする
TO_TOP